お客様がお持ちのタグ・ホイヤー、もしやガラスにヒビが入ってしまいましたか?ついうっかり、落としてしまったとき、ぶつけてしまったとき、ガラス(風防)に傷付くならまだましです…。もしヒビが入ってしまったときは、できるだけ早いうちに、私たちタグ・ホイヤー修理工房にご相談ください。

いえ、私たちでなくてもよいのですけれども、とにかく時計の分解修理ができるお店に持ち込んで頂きたいのです。機械式の腕時計を構成するのは、ご存知のとおり歯車やゼンマイ、軸受け…ほぼすべての部品が金属でできておりますから、空気の中にある湿気に反応すると、少しずつ表面が参加して、ついには錆びが出てしまいます。

ただガラスに一本の傷が入ってしまっただけでも、お使いになる環境次第では、最終的に時計としての機能が損なわれてしまうのです。なんだか、脅すようなつもりはないのですが、私たちタグ・ホイヤー修理工房が想像するよりも、傷付いたガラスのまま、時計をお使いになっている方が多いように思います。

タグ・ホイヤー修理メニュー ガラス交換の料金につきまして

ガラス交換にかかる費用の目安は、15,000円から30,000円ほどとお考えいただければ幸いです。タグ・ホイヤーも他のブランド同様に、機種によって異なる素材、形状のガラスを採用しておりますから、私たちタグ・ホイヤー修理工房にストックのある部品なら比較的お値打ちに。そうでなくとも、おそらく公式のショップにご相談をなさるよりは手頃な費用で、修理のご提案を差し上げられるのではないかと思います。

ほんらい、ガラス交換を行われる機械式の腕時計は、同時にオーバーホール(分解修理)をしておくと安心です。先に述べたように、時計の内部に入った湿気を逃さねばなりませんし、ガラスの破片が歯車に噛み込んでしまう恐れもございます。しかしながら、予算には限りがおありかと存じますから、ガラスの交換のみを承ることも可能です。この辺りについては、遠慮なくご相談をくださいませ。

お客様のタグ・ホイヤーが良くなりますように、私たち修理工房が精一杯の努力を致します。

修理にかかるお見積りのポリシーに
何卒ご理解をくださいませ

私たちタグ・ホイヤー修理工房は創業から一貫して、「いちど時計の内部を拝見した上で、修理の方法と費用をお伝えする」という方針を採っております。もし、修理に掛かる費用が予算に見合わなければ、遠慮なくお断りをください。その際、返送の費用はご負担いただきますが、必要以上にお支払いをいただくこともございませんし、職人たちに負担を強いることもなく、とても健全な関係性を維持できます。この点についても、ご理解をいただければ幸いに存じます。

修理代金は、100%ご満足頂いた上での後払いです。

タグ・ホイヤー修理工房の安心5箇条

  • その1:安心アドバイス お客様のご希望、ご事情をじっくりお伺いします。
  • その2:明確な料金体系 ご希望の予算内で修理できるか、かならずお知らせします。
  • その3:ウォッチカルテの作成 いちど修理した時計のアフターケアも万全の体制です。
  • その4:迅速な納期 最短3日でお客様のお手元にお届けしています。
  • その5:内容確認明細書発行 修理内容が一目瞭然となり、大変分かりやすいとご好評です。